反響率の良いDMを扱っている業者を徹底比較!

top > FAXDMとは > faxdmを利用する主なメリット

faxdmを利用する主なメリット

郵送のDMの封書、あるいはメールDMにおいては開封というような非常に大きなハードルが存在します。 その結果郵送のDMはティーザーコピー、あるいはオファーといった開封につなげるための多様な取り組みが必要不可欠です。
加えてメールDMは、郵送のDMと比べて一段と開封される率が低く、件名に対してアイデアを盛り込むことが不可欠です。
faxdmのケースでは、原則としてA4、1枚で原稿の内容が開封された状態の下で送付されます。 簡単に言うと開封される率は100%です。したがって、原稿の中身が目に入りやすいことが非常に大きな持ち味です。 入手した人は、内容を確認した上で必要としないか必要かを決定してくれます。 そして、郵送のDMのケースでは、デザイン費用や印刷料金、送料で1通当たりおおむね100円のトータルコストがかかります。 faxdmは自己負担で原稿生成が出来、送信料も郵送と比較して低料金です。


知っておきたいfaxdmの優位性

faxdmは印刷、あるいは郵送が不必要なので、企画から送信に向けてのタスクが速やかに進めて行ける上、直前の修正ができます。
加えて、郵送のDMと比べて反応もスピーディーなため、客の反応を確認しながら段階的に原稿の中身を変更したり、タイミングをチェンジできるので、テストマーケティングが行ないやすいのも非常に大きな持ち味と言えます。メールDMのケースでは、気掛かりな中身でも時間が経過するとともに、異なるメールと併せて埋もれて非常に古いメールは忘れ去られます。
このあたり、チラシ、あるいはDMは気にかかるものであれば手元におくことにつながります。に関しても、チラシと同じ様に手元に残り易いのが素晴らしい所です。したがって、保存する見込みが大きいといえます。 その中には数ヶ月後、或いは1年後に問い合わせが届いたケースもあります。


faxdm利用の主な特徴と留意点

クライアント獲得を推し進める方法の1つにDMが存在します。テレアポで、得られないクライアントを手にすることも出来ますし、反応が来た時の契約率がそれなりに上がるので営業活動の能率向上にも結びつきます。その中のfaxdmの最も大きなメリットは開封される率といえます。
郵送のDM、あるいはメールDMとは異なり届けられた時点で中身そのものが目に入りますので、ほぼ100%のパーセンテージで見てもらうことができます。
さらに、トータルコストが安く相対的にレスポンスが迅速といえます。その一方で、FAX受信するサイドに紙料金とインク費用がかかってしまいますので、それなりの割合でクレームを発生させます。 加えて、そうした理由より枚数につきましては1枚で収めるほうが問題がないので情報の量が限られてしまいます。 更に、原案がモノクロになるせいでデザイン性や中身に関する企画力が必要となります。

カテゴリー