反響率の良いDMを扱っている業者を徹底比較!

top > FAXDMとは > faxdmを利用して新規顧客を開拓

faxdmを利用して新規顧客を開拓

 faxdmとはFAXを使用し広告を配信するサービスです。 紙媒体とは違い印刷代や紙代を使用しない、送信料と会社によってのサービス料のみがかかる為送信側にとっては配信料が安くすみ費用対効果に優れた広告ツールといえます。
 faxdmの導入をおすすめする理由は、見込み客の選別が容易であるという事です。
従来の、というか、今なお続いている営業の手段として、「地道な飛び込みを繰り返す」という事があげられます。
 しかし、この方法の時間的、人為的ロスは馬鹿にできません。古き良き時代、物が勝手に売れていく時代であればこの方法もわかりますが、現代の「モノ余りの時代」において、行き当たりばったりの飛び込みは、非効率的であると言えます。


 faxdmならば、足で稼ぐ前に、見込み客をある程度絞り込むことができます。闇雲に飛び込みをして、まったく買う気がないお客に足を運ぶ行為は、「無駄」以外の何物でもありません。
 でも、faxdmを利用すれば、なんらかのレスポンスを受ける事ができます。「客からの問い合わせ」によって、その品減が商品に何らかの興味を持っているという事がわかります。
 これは大きな利点です。興味がある人間に商品をオファーするのと、まったく興味がない人間に無理やり営業をかけるのでは、効率が違います。
 新規開拓は容易な事ではありません。新規開拓の成功率は、3%もあればよいとも言われています。
 他に手段がなかった時代、営業マンは一日100件、200件を足で周り、ようやく数件の契約を手に入れていました。
 faxdmは、「足」の代わりをしてくれる便利なツールです。ネットを経由してFAXを送受信できるため、営業の要する時間は激減します。
 また、従来のFAXは、送信する側、受信する側は「紙」が必用でしたが、それも最小限で済ませる事ができます。
 データを送信する時、受信する時、データを利用するため、必要な情報のみ選別ができ、不要な物は印刷しないという選択ができます。
 また、場所を選ばないのも大きなメリットです。外出先でも内容を確認できるのも時間的ロスを大幅に縮小できます。


 メールやSNSでの販促が増加傾向にあるとは言え、国民すべてがそれを十分に活用しているわけではありません。
 企業であっても、FAXはビジネスツールとしてまだまだ重要な位置づけにあります。埋もれた客を掘り起こしたり、リピートを確固たるものにすべく、FAXを利用しないのは、大変もったいない事です。
 モニタに慣れない人間は、兎角紙面を確認したがるという事もあり、だからこそ、紙媒体が廃れる事はありません。
 faxdmは、煩雑な作業を最小限にでき、営業側、購入側双方にメリットがある方法だと言えます。もちろん、注意は必要です。
 faxdmは勝手に営業してくれる魔法では無く、人が利用して初めて効果のある「道具」であるという事。
 また、一発で大金を稼げるようなツールでは無いという事を考慮して継続的かつ計画的に利用する事は常に意識すべきです。
 faxdmを提供する会社では、効率的なDMの打ち出しに対してのアドバイスやサポートサービスも提供しています。合わせて利用すればより効果的に活用できるでしょう。

カテゴリー