反響率の良いDMを扱っている業者を徹底比較!

top > FAXDMとは > 以外と反応があるfaxdmの魅力

以外と反応があるfaxdmの魅力

企業が良くfaxdmを送る理由としては大きく分けて3つあります。
まず一つ目は、担当者に確実に渡して貰えると言う事です。
ここでもいくつか順を追って話さなければなりませんが、郵送で送ると反応が悪いのは担当者が直接見ないからです。
それは、郵送で送られて来たら封も開けずに捨ててしまうからです。
目を通して欲しいのであれば事務の子などからの手渡しの方が警戒心も薄くなり目を通してくれます。
二つ目は、仕事を中断して読まなくても後で読めると言う事が可能です。
それはdmでも同じですが手間がかかります。
返信用封筒に入れたりし作業が面倒なところもあります。
しかし、faxdmは応募用紙兼案内状になっているためもし参加をしたいと言う場合であれば、その番号に変身するだけと言った簡単な操作で申し込む事ができるので魅力があります。



見てもらえる確率が高いfaxdm

会社の売り上げ数字を伸ばす為には、たいてい宣伝が必要です。
自社製品をアピールしたいと思う事も多いですが、そのためには販促活動を行う必要はあります。
例えばDMという手段があります。
各ポストに投函をしていき、自社製品の宣伝をしていく手段もある訳ですが、必ず見てもらえるとは限りません。
DMを投函するのは良いですが、直ちに廃棄処分されてしまう事もあるからです。
ところで販促手段の1つとして、faxdmが検討される事もあります。
その手段には、見てもらえる確率に特徴があるからです。
少なくとも会社担当者の方々は、送付されるFAXには一通り目を通していく事になります。
それだけにポストに投函されるDMと比べると、自社製品の宣伝を見てもらえる確率も高まりますから、販促効果も期待できる訳です。
ですから効果的なアピールを求めているなら、faxdmを検討してみるのも一法です。



販促コストにメリットがあるfaxdm

自社製品の宣伝をしたい時には、よくポスティングという手段が検討されます。
各建物のポストなどにDMなどを投函して、宣伝する手段もある訳です。
しかしポスティングは、費用がネックになる事もよくあります。
人件費なども支払っていく必要はありますから、コストがやや大きくなってしまう事も多いです。
それよりも、faxdmの方が良いという意見も根強く見られます。
いわゆるFAXを活用した宣伝手段になりますが、ポスティングと比べると、かける費用が低く抑えられるケースも多いからです。
確かにFAXというツールを使っていく都合上、通信料金などは支払っていく事になりますが、それでもポスト投函する手段と比べればコストを抑えられる傾向があります。
また最近では、WEBのFAXなどである程度費用を抑える事も可能です。
ですから販促コストが気になる時には、faxdmを検討してみるのも一法です。

カテゴリー