反響率の良いDMを扱っている業者を徹底比較!

top > FAXDMとは > お客さんに嫌われない工夫をする

お客さんに嫌われない工夫をする

 ビジネスや商売ではお客さん、顧客とコミュニケーションをします。実際に面と向かって行うこともあれば、電話もあります。
 最近なら電子メールで行うことが多くなっているかもしれません。同じ言葉でも、実際に話をするのと電子メールとでは大きく異なります。
 謝罪などをするのに電子メールでは伝わりにくいですが、実際に行けば伝えられることもあります。
 一度お客さんに嫌われてしまうと、それ以降使ってもらえなかったり、トラブルになることもあります。


 こちらのサイトは、faxdmサービスを行う業者を比較しています。多くの業者があり、利用する時には情報をチェックしておくとよいかもしれません。
 初めて利用するときは、できるだけ安いところ、効果のあるところなどを探すでしょう。各社でいろいろな特徴を出しています。
 FAXと言ってもコミュニケーションになります。送り方を間違えると相手に対して嫌な気分を与えることがあります。
 嫌われてしまうと、配信拒否を突き付けられることもあります。おすすめの業者としては、クレーム対策をサービスに組み込んでくれるところです。
 FAXは送信側に通信費がかかります。受ける側はコストがかからないように感じます。しかし、用紙を出力するタイプのFAXであれば、紙のコストがかかります。
 毎日のようにたくさん受けているところは、嫌がるところもあります。対策の一つとして、御断りの文章を入れてくれます。
 全面的に広告ばかりを配置するより、少し断りを入れると気分も変わります。


 FAX不要連絡を記入できる原稿にする方法もあります。一方的に送られてくることを嫌がるお客さんがいます。
 その人たちのために、原稿の一部に不要チェックをつけるところを設けます。そして返送してもらうように書いておきます。
 ちょっとした気遣いを入れることで、ただ広告を送る業者とは別のように対応してもらえる場合があります。
 他のFAXは嫌われても、対処をするだけで嫌われなくすることが出来ます。広告はとにかく伝えたいことを前面に打ち出したいです。
 価格や商品などとにかく売り文句を書こうとします。見る側からすると売り込まれるように感じ、ここからだけは買わないとなりやすいです。
 少し考えを変えて、言いたいことを少し抑える文面にします。価格の安さを訴えたくても、あえてそれを書かないようにします。
 又、お客さんに便利なコラムなどを付け加えることで読みやすくすることもあります。半分をコラム、半分を広告などにすると、嫌みが無くなります。

カテゴリー